2016
04.28
『Fishing Café Vol.53』釣り具物語
ビシマ仕掛けでインチクを操るその技

漁具系ルアーの代表的存在として、鯛ラバと双璧をなすインチクの後編は丹後半島の夕陽ヶ浜漁港のインチク一本釣り名人、高田新七さんの技にスポットをあてました。
幹糸に間隔をあけて打たれた錘のついた“ビシマ糸”と呼ばれる仕掛けを使い、その先にインチクをしつらえた“ビシマ・インチク仕掛け”を自在に操る高田さんの妙技。
そしてその技を学ぼうと努力するルアー・アングラーの佐々木洋三さん。
深さと広がりを持つインチク世界を映像でご覧ください。