WINTER 2017 VOL.55
古今東西 魚釣り指南書を廻る冒険

  • 5    ◎ 巻頭インタビュー 冒険家 風間深志
    南極点や北極点より、今は一尾のサーモン。
    釣りは人生の杖柱
  • 15  ◎ 特集:古今東西 魚釣り指南書を廻る冒険
  • 17  ◎ 魚釣り秘伝書『何羨録』をひもとく
  • 23  ◎ 『釣魚大全』アイザック・ウォルトンの研究
  • 27  ◎ 『ア・フライフィッシャーズ・ライフ』の遺産
  • 31  ◎ 『釣百科』から『釣技百科』、そして『新釣百科』へ
  • 35  ◎ 時代との対話『ザ・カーティス・クリーク・マニフェスト』
  • 39  ◎ 漁具漁法の集大成『日本水産捕採誌』
  • 1    ● The Promised River 約束の川 - 湯川 豊

連載コラム

  • 41 魚の不思議な生態学 鈴木克美
  • 43 うたぐる釣り人 アーサー・ビナード
  • 45 ア・フィッシャーズライフ 谷 昌子
  • 47 BOKUNEN'S MUSEUM 流廻 名嘉睦稔
  • 49 岡田美里の旅路にて釣り候
  • 51  ● 楽園はここに在る 夢枕 獏
  • 55  ● 釣具、漁具の歴史とその変貌【釣具物語】
  • 59  ● 日々是釣り日和 バレンタイン・アトキンソン
  • 63  ● 海鳴り山鳴りの日々 西木正明
  • 68  ● フィッシング・カフェ・クラブ Fishing Café CLUB

NEXT ISSUE VOL.56 2017年 4月
特集:「加賀百万石の釣り文化」

加賀百万石とは、江戸時代に日本海沿いの加賀、能登、越中の3国の大半を領地とした加賀藩を指し、現在の石川県、富山県の一部にあたります。アユ毛鉤釣りの発祥地としても有名で、能登半島は日本の漁業発祥の地といわれ、江戸時代に前田家専用の釣り場があったなど、元来釣り好きが多い土地として、多くの新しい釣りが開拓されてきました。次号では、加賀百万石の釣り文化をテーマに、金沢や能登半島、富山湾の氷見など、さまざまな釣り文化を探ります。