WINTER 2020 VOL.64
開高 健の釣りと旅

    ◎ 巻頭インタビュー

  • 3     ヴァイオリニスト・葉加瀬太郎
    父と息子の教科書 BOY'S LIFE
  • ◎ 特集

  • 13   「悠々として釣り急いだ」 作家・開高健の珠玉の釣り人生

    開高 健の釣りと旅

  • 15  ◎ 両手を縛っても大きい魚を釣って守る
  • 21  ◎ 釣り、是すべて旅也
  • 27  ◎ 釣って、料理つくって、食べまくった! 釣りと食の冒険
  • 31  ◎ 東京原野で巨匠と冗句・笑句
  • 35  ◎ 問答無用の究極の釣り談義
  • 39  ◎ News of the Fishing Café 常見保彦と日本の釣り

● 連載コラム

  • 43  ● 魚食発酵コスモロジー − 小泉武夫
  • 45  ● 太公望万歳 ! − 渋沢敬三
  • 47  ● 魚の不思議な生態学 − 鈴木克美
  • 49  ● うたぐる釣り人 − アーサー・ビナード
  • 51  ● WATER FRONT GALLERY − 村上康成
  • 53  ● 釣り人たちの輪舞曲 − 錦織則政
  • 58  ● 釣具、漁具の歴史とその変貌【釣具物語】
  • 63  ● 未知との邂逅 − 高橋幸宏
  • 68  ● フィッシング・カフェ・クラブ Fishing Café CLUB

NEXT ISSUE VOL.65 2020年 4月 発行
「TOKYO FISHING STORY」
過去から未来へ東京の釣り探訪

東京都は、多摩川の源流から小笠原諸島の島嶼部まで含めると、南北の長さは約1719.6km。1868年に「江戸」から「東京」に名称変更されてから、2020年の東京オリンピックイヤーで152年目となり、1世紀半の間にさまざまな日本の釣り文化が開花し、凝縮している。日本初のアユ養魚施設、GHQの法務部に所属していたアメリカ人法律家が日米友好の絆として造った毛鉤専用釣り場、黒潮を横切る火山島群のダイナミズム溢れる釣り、幻となった東京オリンピックに向けて釣りを新たな観光資源と捉え奔走した一人の男など……。次号では「TOKYO FISHING STORY」と題し、世界に誇る日本・東京の釣り文化に迫る。