世界最古の舞台演劇・能 馬野正基

「能」は継承されている演劇として、世界最古といわれる日本独自の舞台芸術。その伝統を受け継ぐ主役の踊り手、シテ方の馬野正基さんは、今なお踊りを追究し理想を追い求め続け、一方では子どもから大人までを対象とした能の教室を開いており、広くこの伝統文化を伝える先導的役割も果たしている。
また、幼少の頃から釣りに接してきた馬野さんは、一時期プロのアングラーになることまで考えたという釣り好き。現在はルアーフィッシングを中心に東京湾のシーバスやクロダイ釣りを楽しんでいるという。今回番組では、教室で教えている子どもたちの能の発表会や主役を務める舞台に密着し、大分別府湾での釣りにフォーカスした。

4月以降リピート放送あり
全国のケーブルテレビでもご覧になれます。
(ご覧になれないケーブル局もあります)

番組サイトはこちら